不動産担保ローンで失敗しないために

不動産担保ローンは不動産を失うリスクを負っている

不動産担保ローンでは比較的低金利で、かつ比較的高額の融資を受けることができますが、失敗しないためにはいろいろな注意も必要です。
高額の融資を受けることができるということは、言い換えればそれだけ大きなリスクを背負っていると考えることもできるのです。
まず最初に、当たり前のことですが返済が滞った場合には担保とした不動産を失うリスクがあります。
これは、借りたお金を返すのは当然の責務で、それができなかった場合には相当のペナルティを受けることになりますから別に不動産担保ローンだけに特有のものではありません。
無担保で借りられるキャッシングであっても、返済が行き詰れば自宅などを失う可能性もあるからですが、不動産担保ローンである限りはそのリスクに直結しているということで、より注意を払っておく必要があるでしょう。
自分の所有する不動産であれば、万が一そんなことになったとしても自己責任ということで済ませられるかもしれませんが、担保に入れる不動産は別に自己所有が必須ではありません。
家族の所有する不動産であっても可能です。
もちろん所有する家族に無断で担保に入れることなどできようはずがなく同意が必須とはなりますが、自己所有であることは必須ではないわけです。

不動産担保ローンは不動産を失うリスクを負っている不動産担保ローンは借りる際の諸費用に注意不動産価値の100%は借りられない