レンタカー日和

レンタカーの料金は使い方でも選べる

車を所有していない人や、所有している車の乗車人数より多い人数で出かけることがある人が利用するもののひとつとしてレンタカーを挙げることができます。しかしながら、レンタカーに対するイメージは、1日あたりで利用料金が決まるものと考えているのか、半日以下の利用なら高くつくと考えている人もいるようです。確かに、レンタカーでは1日あたりいくらや、半日あたりいくらといった形の料金体系が多いのは事実で、そこには需要があり、利用状況によってはコストを抑えることができます。近年では、最小利用単位を半日よりさらに短くして、3時間や6時間を一つの単位として貸してくれる業者も存在します。遠出がメインに考えられがちなレンタカーですが、近距離や中距離で利用したい人をターゲットにした商品も存在していることを覚えておくとよいでしょう。
短時間であっても、大人数で移動するときや、行き帰りの荷物が大きくて、公共交通機関の利用が億劫だと感じることがあるのであれば、検討してみるのもよいかもしれません。

レンタカーの料金の相場について

レンタカーは乗りたい自動車をレンタルできるシステムで、旅行や引越し、送迎などの様々のシーンで活用することが出来ます。料金については、車種と利用する時間、オプションなどにより異なり、店舗ごとに決まっています。

最近はメーカーが運営する店舗のみならず、格安レンタカー屋などが見られますが、ほとんどが料金表を公開しているので、店頭やネットで参照にして借りるのが一番良いです。料金表には6時間から設定されていることも多い傾向があり、ベースとなる金額に付帯した金額が加算され、それによって利用金額の総額がかかるシステムになります。

またレンタカー店などによっては、シーズンによってはキャンペーンや割引制度なども充実している場合があります。その他に利用したい形態にあわせるため、3時間単位でレンタルできるサービスも始まっており、買い物や引っ越しなどでも活用されています。

ちなみに6時間単位であると5,000円前後が一つの相場の目安にもなります。ワンコインレンタカーサービスを活用した場合、料金も1時間単位ワンコインで済むほど安く借りる事ができ、従来の高いイメージを払拭しており、価格破壊のサービスを実現している店舗も存在します。

recommend

防犯カメラの工事を頼む
http://bohan-hikaku.com/

最終更新日:2017/1/5